2018年11月3日土曜日

小さな秋をくれたおじさん

家から工場への道中でおじさんがススキを刈られていたので
少し分けていただきました。
黄金色に輝くススキはしなやかで美しいです。
いつの間にかそこら中が秋の景色に様替わりしていることに
今頃になって気がつきました。


ある企画にお声がけいただき豆皿を製作しています。
納品間近間に合うか、、
焦ってもどうしようもないけど焦ってしまいます。
でもどんな時も
誠実にひとつひとつ丁寧に向き合い
進めていかなければと思います。
小さな秋をくれたおじさんに感謝。
明日も元気に過ごせそう。